FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会員の皆様へ(開港記念バザー相談員のお願い)

横浜開港記念バザー「不動産無料相談会」
日時:平成23年5月31日(火)~6月6日(月)午前10:00~午後7:00
会場:横浜公園(JR関内駅下車1分)

例年通り無料相談会を実施いたします。つきましては会員の皆様に相談員として参加をお願いいたします。
横浜開港記念バザーのチラシ
スポンサーサイト

モーニングミーテイング5/11

役員会朝会が6名の出席で5月11日(水)AM7:30よりホテルシャトレーイン1Fで
開かれました。

議題は
1、開港記念バザー「無料相談会」(期間5/31(火)~6/6(月) 会場横浜公園)出店の詳細打ち合わせ
2、被災地福島県二本松市の皆さんの開港記念バザー名産品出店の
  進捗具合報告。
3、総務省地デジ対策相談員派遣出店について
4、平成23年度横浜市消費者団体等協働促進事業応募申請について
5、5月21日(土)PM6:00~ REC NPO各総会準備  
6、その他     以上

定例会:各総会準備4/16

日時:4月16日(土)PM6:00より
会場:クリーンセンタービル4F

REC定時総会、NPO通常総会の準備他の打ち合わせを行いました。

川理事長ら被災地福島県二本松市を見舞い4/27

4月27日(水)早朝、川理事長、仲宗根副理事長ら車で横浜を出発。途中、群馬で五十幡さんを拾って、一路東北道を、若手経営者JC青年会議所の方々が待つ二本松まで直行。
大地震・大津波・原発事故・風評被害と四重苦の大変な福島県。
知人紹介の地元JCの皆さんにお見舞いを申し述べるとともに懇談をしました。
地元の皆さんは精神的、肉体的、経済的に大変困っている様子。
協会として、微力ながら少しでもお役に立ちたいと伝え、来る5月31日から6月6日まで開かれる横浜開港記念バザーへの地元名産品の出店を提案。協会として会場の確保を約束し、帰浜。強行日程でした。

「われわれの使用している電気で犠牲になったようなもの。少しでも手助けができれば。」と川理事長。横浜に戻った川崎理事長らは早速、横浜市を始めとして各方面に働きかけています。

定例会3/19大震災のため中止

3月19日(土)定例会は「23年度NPO・REC運営方針について」を討議する予定でしたが、3月11日に発生した東日本大震災の影響で中止しました。

定例会・研修会「道路について2」他2/12

2月12日(土)午後6時から「みなとみらい21クリーンセンター4F」定例会・研修会が行われました。

道路について2
昨年11月に続き、会員の服部一級建築士による道路(接道)について専門的な解説をしていただきました。
不動産の土地には非常に重要な役割の道路(接道)ー建物が建てられるか否か、どのような建物が建てられるかーについて、ホワイトボードを使って、熱のこもった解説講義をしてくださり、会員一同大いに頷きながら聞き入っていました。事前の7項目の質問にもわかり易く解説していただき、またの機会を設けてくださいとの会員からの声がしきりでした。

地デジ対策
川専門員からは共同住宅「オーナー様」「管理組合」向けの地デジ助成金制度などの解説講習が行われました。
5月31日から開かれる開港祭バザーに地デジ化を推進する総務省からの派遣説明員が常駐してくれることが報告されました。

全国不動産コンサルティング協会の報告
高坂理事からは全国不動産コンサルティング協会の理事会の報告がありました。

開港祭バザーについて
仲宗根副理事長から今年度の開港祭バザーへの無料相談会(出店)の計画案が提案されました。
今年度は5月31日(火)から6月6日(月)の7日間の開催予定です。



研修会兼合同新年会H23/1/15(土)

新年最初の定例会・研修会兼合同新年会を1月15日
6時よりJR関内駅前の「ヤンキース」にて開きました。
皆で新年の意気込みを賑やかに語り過ごしました。

定例会・忘年会12/18

12月18日(土)定例会・忘年会が開催されました。
中区洋服会館1F
川理事長、高坂前理事長お知り合いの「みかみ」にて
カラオケつきの賑やかな催しでした。
プロフィール

カナガワコンサル

Author:カナガワコンサル
神奈川県不動産コンサルティング協会
無料相談随時受付。
不動産に関するお悩みを解決致します。
TEL:045-662-0107

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。